乳歯の虫歯

乳歯は虫歯にするなっ!小さいうちから予防をする重要性

どうせ抜ける歯だし、歯磨き嫌いで手に負えないから…

 

無理やりやるのはかわいそうだし、もう少し多いくなってから…

 

 

そんな理由から歯磨きをいい加減に済ませていませんか?

 

 

間違っています!

 

 

大切なお子さんの将来の歯の為に、
歯を大切にしなくてよい時期はありません!

 

 

また、今からしっかりとケアしていないと
今度の成長にも大きな影響を与えてしまうのです。

 

 

すぐに悪化していくこどもの歯〜やわらかい乳歯

 

 

こどもの歯、すなわち乳歯は非常にやわらかく日々の心がけがなくては
すぐに虫歯菌の発生させる酸に負けてしまいます。

 

 

他にも悪条件は多く、

 

 

痛みの感覚が鈍いため進行してからでないと自覚症状がでないことや、
歯自体が薄い為に、一気に神経まで到達してしまいます。

 

虫歯はすべて黒くなるというわけではなく、見た目では解らないものも頻繁にあります。

 

そのほか、あごが小さいことから歯と歯の隙間がびっちりとくっついていることが多く、
虫歯が進行しやすい傾向にもあるのです。

 

 

大人に比べると、虫歯になりやすい条件がかなり多いことが特徴ともいえるのです。

 

 

乳歯の虫歯が進行してしまうと…

 

 

ここで、日々の歯磨きなどを怠っていると
虫歯は気づかぬうちにどんどん進行していきます。

 

 

 

そして、自覚症状がでてから対策となると
もう手遅れになっているということです。

 

 

おそらく、そのような場合は、
複数個所の治療になるはずですし、

 

最悪は神経を取らざるを得ないことも考えられます。

 

 

また、日々の歯ブラシができない子が
おとなしく治療を受けられるわけもなく、

 

さらなく苦しみのなかで、多大なる労力と時間を費やさなければなりません…

 

 

神経をとってしまった乳歯は…

 

 

虫歯になって、乳歯の神経をとってしまった…大変だった…

 

 

で、終わりではなく

 

その後にも大きな悪影響を与えてしまうこともしっかりと覚えておいてください。

 

 

 

乳歯が大人の歯に生え変わる時に、スムーズに抜け換えを行うためには

 

実は乳歯の神経というものが非常に大切で、
上手く生えてくることができなくなり、歯並びの悪化に繋がるのです。

 

 

歯並びの悪化は、虫歯のリスクをさらに高める原因でありますし、
なによりも将来的にも、その損害は多大なものになります。

 

 

 

今から少しずつでも工夫すること
こどものことを考えれば、多少の時間がかかっても
根気よく毎日実践することがなによりもの予防策となります。

 

 

今日より明日〜と少しずつ慣らしていけば必ず成長していくことが出来ます!

 

歯磨きが大好き!というお子さんはまずいらっしゃらないですしね^^

 

是非、頑張ってみてください!